画家 高島功の世界


画家 高島功の世界



残像 高島功



愛媛県吉田町出身の高島功画伯を紹介します。
代表作品として「鉄相」「残像」「破船」などがあります。
このホームページの作品は、宇和島市吉田町内の公共施設などに寄贈された作品で、展示されているものを紹介します。




ローマの残像 高島功       高島功 プロフィール

                          ローマの残像 昭和49年

吉田町寄贈作品 高島功>


「叔父高島功とその周辺の思い出」 (故)渡邊 昶

 高島功叔父の次姉繁は、私の兄太郎を出産直後他界し、後妻として私の母がその後を継いだ。私にとって功叔父は義理の叔父に当たるが、ずっと叔父と呼んで来た為、僭越ながら、以下本稿も叔父で通させて頂く。血の繋がりは無くても、小さな田舎町では、一度生じた婚姻関係はその後継承される為、子供の頃から高島の家には日常の行き来は勿論、何日か泊まり込んだ事もあり、勝手知った我が家の様であった。伊予吉田藩は、元佐幕派の小藩で、維新後は高島家の様な高禄の士族も生計は容易ではなく、まして早く夫に先立れた叔父の母堂、貞お姿様の苦労は並大抵ではなかった筈である。二男二女各々に高等教育を施し、しかも男子二人は東京での勉学、その時代としては、大変な犠牲を払われた事と想像される。
 功叔父は、長男威の六期後輩として宇和島中学を卒業後、上野の美術学校(現芸大)洋画科本科に入学した。同期には、後に文化勲章を受賞した小磯良平・猪熊弦一郎・パリに在住し名誉市民となった荻須高徳画伯等々一世を風葬した逸材があまた机を並べていた。昭和2年卒業で後世、花の二年組と持て囃され、このクラスで構成された上杜会を世に広めた日動画廊は、その名を天下に成さしめたものである。今でもその傾向は残っているが当時、上野の美術学校への入学は、専門技術は勿論、一般の学科も高得点が要求され、殆どの学生が何年とかかって入学したのに比べ、功叔父は珍しく現役入学であった。荻須高徳画伯とは特に親交厚く、卒業の暁には一緒にパリに行く事を夢見ていたが、経済的理由からか、功叔父は当時日本に編入されていた朝鮮に渡り、大田高等女学校・京城中学校で教鞭を執る傍ら、朝鮮画壇で活躍した。その頃の朝鮮画壇は、日本の内地を凌ぐ高いレベルとの評判があったが、その中で連続三回も特選に輝いた事は特筆に値する。私が子供の頃、大きな手をした子供の絵葉書を不思議な思いで眺めた事があったが、それは特選の絵であったらしい。兄太郎も昭和10年代の初期・日本内地には国立の医学専門学校が無かった 為、一つには叔父のいる土地に惹かれてか、京城医学専門学校に入学した。互に威勢が良く気っ風が合うのか、大変仲の良い叔父甥であった。学期末休暇で兄が帰省の折、お土産に頂く大邱林檎や明太魚が私共の楽しみの一つであった。その兄も志、半ばで亡くなりその後、叔父一家も終戦の混乱の中を内地に引き揚げ、第二の人生が始まったのである。
 故郷での終戦後の厳しい生活の中、叔父は新割下の中学に奉職しながら、生計の足しにと浴衣地に花柄模様を描き込んだりしていた。しかし、そんな困苦の中にあっても、生来の明るさは失われず教職員のバレーボール大会には、40才を過ぎてなお敢然と参加し、打ち揚げ会では景気良く一杯煽りながら、画用紙に私をスケッチし、顔の輪郭を批評して喜んだものである。その頃、抽象に非ざれば画に非ずと云った風潮の中で、気紛れにシュールレアリズム風の風景画を描き比評を求められたこともあったが、やはり叔父の画は忠実なデッサンを基にした厳しい伝統の中に本質がある様に思う。
 その後、中央に復帰し二科会の重鎮として、会の運営や審査に当たっていた60年配の頃も、その意気は若者を凌ぎ上野の芸術大学の前夜祭にはOBで只一人、学生に伍してマラソンに参加する等、矍鑠ぶりを披露した事もある。念願の中近東の旅行中も毎朝ジョギングを欠かさず、一方ではヨガを修行し身体は蛸の様に柔らかく、色艶は若者の様であった。酢に生卵を殼ごと一晩漬け翌朝掻き混ぜ一気に飲み干す健康法を習ったのもこの頃であった。芸術家は心身共に若くなければ駄目だと、叔父のアトリエには当時としては最高レベルのオートチェインジャーのレコードプレーヤーが弦楽を奏でていた。特にチェロの曲は画想を豊かにすると良く演目に上がっていた。孫の光子さんが武蔵野音大を卒業し、今尚活躍しているのも宜べなる哉である。
 考古学に、古代遺跡に、哲学に、宗教にと若者の様にその興味は尽きること無く、ロマンを駆り立て創造性を喚起して、芸術の神髄を模索されたものと思う。豪放磊落な内に死ぬまで芸術への情熱を失わなかった、その真摯な姿勢にこそ、叔父高島功画伯の真骨頂があったと感じる次第である。
(元鹿島建設理事)

本文は「高島功 画集」(平成8年6月発行15,000円)より引用

ホームへ
【掲示板】新開発!項目追加機能、フリーフォーマット機能搭載。アミューザーネットの電子掲示板【掲示板】
【room】e-mail:好きな名前@room.ne.jp URL:http://好きな名字等.room.ne.jp/~好きな名前等/【room】
高容量20MB! CGI使用可! 1週間無料お試しキャンペーン中!
【email】大人気! ”好きな名前@petroom.net” 今日本で一番有名なポストペット用メール【email】


合計0001526人 本日0001人 昨日0000
| 姓名判断 | プレゼント | Ranking | 無料レンタル | 掲示板設定

【名  前】管理人
【タイトル】しばらくの間書き込みを禁止します
  2011/11/11 21:42

【メッセージ】
当掲示板の趣旨に合わない投稿が繰り返し行われているため、当分の間書き込みを禁止いたします。
名前: 1行返事: 削除パスワード:
返事を書く 削除する 
【名  前】高島功顕彰委員会
【タイトル】高島功の世界
  2008/05/24 00:56

http://www.geocities.jp/gpnxh439/isaoprof.html
【メッセージ】
 みなさんこんにちは。
 吉田町(現宇和島市)が生んだ画家「高島功」を顕彰するホームページです。
 情報交換の場として是非、ご意見などございましたらお書き込みください。
名前: 1行返事: 削除パスワード:
返事を書く 削除する 

アミューザーネット
ハイパーボード2000